2014年08月17日

ゴゴ日記93(永眠)

今朝がた、ゴゴが永眠しました。

せめてもの救いは、苦しまずに眠るように旅立ってくれたことです。

いろいろと記しておきたいことがあるのですが、今は考えると暗闇にドンと落ちて引き裂かれるような感覚に苛まれるため、後日にします。

読んで下さった皆様ありがとうございます。



  

Posted by ひふみ 慶 at 19:36Comments(1)ゴゴ日記

2014年08月16日

ゴゴ日記92(最後まで…)

実は、少し前からゴゴは闘病生活をしています。

詳しく書くと辛くて心が折れそうです。

何もできない馬鹿親ですが、せめて守ってあげようと思います。



  

Posted by ひふみ 慶 at 16:25Comments(0)ゴゴ日記

2014年03月21日

ゴゴ日記91(お礼参り)。

今日は、願い事を叶えてくれるお地蔵様で有名な鈴虫寺さんにお礼参りに行ってました。

何のお礼参りかと言うとゴゴの事です。

日記でも書いてますが、ゴゴは口内炎を患ってます。

猫の口内炎はとても重病で、一度発症すると人間のように腫れがひくことはなく、そのまま口が塞がって絶食状態になってしまう不治の病です。

病院の治療では副作用がきつく、口内炎が一時的に治まっても他の病気を発症して寿命そのものが縮んでしまいます。

そのため、サプリメントを使った治療と鈴虫寺さん等の願掛けしかできませんでした。

そして昨年あたりから、ゴゴの口内炎は悪化してきて、自力でご飯を食べることができなくなってきたので、スポイトを使った矯正給仕をしていました。

そのために、体重も落ちてきていました。

ところが、今年に入ったあたりから、すこしずつ自力で食べはじめ、今月からは、カリカリを普通に食べてます。

恐らくは、サプリメントが効いてくれたのだと思いますが、そのサプリメントと巡り会わせてくれたのがお地蔵様のお守りなのでしょう。

鈴虫寺さんでは、願い事を叶えてくれるお地蔵様の念いの入ったお守りに願を掛けます。
そして、願い事が叶うとお地蔵様にお礼を言って、古いお守りを納めます。

今日は、そのお礼参りに行ってました。

そして、何よりもゴゴの頑張りも褒めてあげたいと思います(親バカですが)。

そして弱音ばかり吐いている自分も見習わねば!と感じます。

写真は、カリカリを完食したゴゴの皿とゴゴです☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 16:56Comments(0)ゴゴ日記

2014年02月06日

ゴゴ日記89(スリスリ)。

お腹をスリスリ撫でると、ゴロゴロと喉を鳴らすゴゴです(=^.^=)
  

Posted by ひふみ 慶 at 20:06Comments(0)ゴゴ日記

2013年08月26日

ゴゴ日記88(夕涼み。)

最近、涼しい日が続いてます。
特に夜はエアコンがいらないくらいです。

窓開けていると窓辺の特等席にゴゴがやってきました。

風に当たったり、物音に反応したりしています。

昼の暑さはまた振り返しそうですが、夜は25°前後で落ち着いてくれることを願います。
  

Posted by ひふみ 慶 at 08:59Comments(2)ゴゴ日記

2013年07月12日

ゴゴ日記87(おもちゃ。)

ゴゴが持っているこの魚の形をしたおもちゃはヘチマで出来ていて、中にままたびを染み込ませて使います。

じゃれて噛んだりしているうちに歯磨きにもなるスグレモノです☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 10:16Comments(0)ゴゴ日記

2013年07月08日

ゴゴ日記86(こんばんは。)

今日は窓辺の本棚の上で夕涼みo(^-^)o
  

Posted by ひふみ 慶 at 20:01Comments(0)ゴゴ日記

2013年06月28日

ゴゴ日記85(こんばんは。)

おもちゃを抱えて夕涼みo(^-^)o
  

Posted by ひふみ 慶 at 00:37Comments(0)ゴゴ日記

2013年06月21日

ゴゴ日記85(おはようございます

おはようございます!
朝から、見張りをしているゴゴです。

「雨が続くなあ…」って感じですo(^-^)o
  

Posted by ひふみ 慶 at 06:12Comments(0)ゴゴ日記

2013年05月29日

ゴゴ日記83(クールボード)。

クールボードに乗るゴゴです。
去年くらいからクールボードにビビらなくなりました。
そして今年は最速で対応してます。

猫&犬が家にいる方は暑さ対策にこのクールボードはオススメです。

ただ、ビニール製で中にジェルが入っているタイプがありますが、あれは破れて中身が出てそれを猫や犬が舐めた場合、危険なのでアルミ製がオススメです。
  

Posted by ひふみ 慶 at 11:15Comments(0)ゴゴ日記

2013年05月16日

ゴゴ日記82(ゴシゴシ)。

少し前のゴゴの写真です。
電子レンジの上に乗ってます。
台所で用事しているとここに座って様子をみてます。
そんな中、いつものように喉をゴロゴロ鳴らしだしたので頭をゴシゴシ撫でてやったところです☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 18:08Comments(0)ゴゴ日記

2013年03月27日

ゴゴ日記81(タオル3)。

スチールラックの上にタオルを敷いた上に小さな段ボール箱を置きました。
ゴゴは、これまた気に入ってくれているようですo(^-^)o
  

Posted by ひふみ 慶 at 10:28Comments(0)ゴゴ日記

2013年03月26日

ゴゴ日記80(タオル2)。

スチールラックの上にタオルを敷いてあげました。
とても気に入っているようで周りの家具を器用に使って登っていきます。
野良時代も神社の社務所の屋根から降りて来ていたので高い場所は落ち着くようです☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 10:27Comments(0)ゴゴ日記

2013年03月20日

ゴゴ日記79(タオル)。

昨晩、ゴゴが珍しく落ち着きなくしていました。
走ったり、高い場所に登ったり。
普段はほとんど鳴かないのにニャ、ニャ、と騒いだり。
何かを訴えてるようでした。

そしてあるものを見つけたゴゴは一目散にそこに。

洗濯カゴに入れてあるタオルでした。

ゴゴはそのタオルの上に乗ってゴロゴロと喉を鳴らしながらくつろぎ始めました。

タオルの感触を気持ちよさそうにしているので、タオルで寝床を作ってあげることに。

すると、すっかりお気に入りのようです☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 17:28Comments(0)ゴゴ日記

2013年03月08日

ゴゴ日記78(食事)。

食事中のゴゴです。
相変わらず口内炎があるので、カリカリをミキサーで粉末にして水で溶いてレンジにかけてペーストにしたものをスポイトであげたりもしますが、最近は調子が良く食欲があるようです。
カリカリを自分で食べれる時は、ゴゴ自身も嬉しいみたいで、食べたことを得意げにアピールしてきます(口内炎の調子が悪い時は痛くて食べれないので)。

先日もゴゴがカリカリの入れてあるお椀の場所に誘導するような仕種をするのでついて行ったら、嬉しそうにカリカリを食べてます。

その日は同じような仕種が何度かあったのですが、テンションが上がり過ぎたゴゴは、後ろを振り返りながら小走りで進んでいる途中で、椅子にぶつかってました(-_-)

最近のほっこりした出来事でした☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 10:37Comments(0)ゴゴ日記

2013年02月22日

ゴゴ日記77(猫の日)。

本日、2月22日は2が三つ並ぶ(ニャン、ニャン、ニャン)という語呂合わせから、猫の日だそうです。

というわけで、ゴゴの写真をアップしておきますo(^-^)o
  

Posted by ひふみ 慶 at 10:41Comments(2)ゴゴ日記

2013年02月14日

ゴゴ日記76(猫の忍び足鉄の爪)。

猫の忍び足 鉄の爪
神経外科医は手術を叫び続ける
パラノイアの危険な入口
21世紀の精神異常者

今回も前回に続いてゴゴの横にCDを一枚添えました。
先日ウォークマンのデータが全部消えてしまって入れ直しているのですが、その作業ついでに自分の好きなCDを紹介できれば…と思います。
ゴゴにも協力してもらって…(-_-)


さて今日の一枚はキングクリムゾンの「クリムゾンキングの宮殿」です。

最初の一文はアルバムの一曲目の「21世紀の精神異常者」の歌い出しです。

このアルバムも前回のボウイと同じく1969年発表です。

キッチュと表現されるアルバムジャケットは当時から異様な雰囲気で話題だったそうです。

一曲目の「21世紀の精神異常者」はとても有名な曲で今もCM等の音楽に使われてます。


「21世紀の精神異常者」の訳詩を載せておきます。


猫の忍び足 鉄の爪

神経外科医は手術を叫び続ける

パラノイアの危険な入口

21世紀の精神異常者


血塗られた拷問台 有刺鉄線

政治家の火葬のための薪

罪なき者がナパームの炎に犯される

21世紀の精神異常者


死の種 無知なる者の強欲

詩人は飢え 子供達は血を流す

だが 欲しいものはなにひとつ得られない

21世紀の精神異常者
  

Posted by ひふみ 慶 at 10:36Comments(0)ゴゴ日記

2013年02月07日

ゴゴ日記75(トム少佐へ)。

地球管制塔より トム少佐へ
地球管制塔より トム少佐へ
プロテイン・ピルを服用し ヘルメットを着用せよ


デビッドボウイの初期のアルバム「スペイスオディティ」よりアルバムのタイトル曲「スペイスオディティ」の歌い出しの一節です。

物悲しいメロディにけだるいボーカル。
グラムロックの前のデビッドボウイです。

このアルバムが発売された1969年はアポロ月面着陸の年で、
それに偶然重なったことで、宇宙をテーマにしたこのアルバムがヒットしました。ボウイの出世作です。

歌詞は、地球管制塔とトム少佐なる宇宙飛行士の無線での会話で構成されています。
時代背景は当時から見て近未来の世界のようです。

当時はアポロの月面着陸で世間が新しい宇宙時代の幕開けみたいに浮かれていたと思いますが、そんな中でこの歌の世界観は、全体的にそういうムードにさめていて、人間の無力感みたいなものが漂ってます。
そういう文学的な表現は70年代のグラムロックのボウイにも多々見られます。
自分がこの時代のボウイを好きな理由もこういう部分が大きいです。

写真は少し暖かい日が続いたので久しぶりに窓辺にいるゴゴと「スペイスオディティ」のアルバムCDです。

最後に「スペイスオディティ」の訳詞を載せておきます。


地上管制塔からトム少佐へ
地上管制塔からトム少佐へ

プロテインを服用し、ヘルメットを着用せよ

地上管制塔からトム少佐へ
地上管制塔からトム少佐へ

カウントダウン開始、エンジン起動

点火を確認、神の愛が共に有らんことを


"発射"


こちら地上管制塔からトム少佐へ

君は本当によくやってくれた

記者たちは君のシャツがどんなものか知りたがってる

さて、君さえ良ければカプセルから出る時間だ"こちらトム少佐から地上管制塔へ

ドアを抜けて一歩踏み出した所だ

とても奇妙な格好で浮かんでいる

今日は星々が違って見えるよ


ここで

私はブリキ缶の中に座っている

世界からは遥か遠く離れて

地球は青く、そして私に出来ることなど何もない


十万マイルを通り過ぎたというのに

全く進んでいないように感じるよ

私の宇宙船は進むべき道を分かっているのだと思う

私の妻に愛していると伝えてくれ。いつもと同じように"


地上管制塔からトム少佐へ

回線が切れている。故障のようだ。

トム少佐、聞こえるか?
トム少佐、聞こえるか?
トム少佐、聞こえるか…


"私は我がブリキ缶の周りに浮かび

月からも遠く離れている

地球は青い

私に出来ることは何もない"

  

Posted by ひふみ 慶 at 08:35Comments(0)ゴゴ日記

2013年01月02日

ゴゴ日記74(新年)。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

写真は食後に一息のゴゴです。

あと、年末から年始の出来事なのですが、年末にこたつが壊れました。
で、中のヒーターを取り替えたのですが、新しいのはとても音が静かです。

このこたつは実家から持ってきたもので、子供の頃、このこたつで「元気が出るテレビ」とか観てた記憶があるくらいの年季ものでした。
お疲れ様。

それともちろん、こたつはゴゴにとっても冬の必須アイテムです。
夜は静かになったこたつでスヤスヤと寝ています☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 18:40Comments(2)ゴゴ日記

2012年12月06日

ゴゴ日記73(カーディガンズ)。

窓辺のベッドのゴゴと一枚のCD。
CDは「カーディガンズ」の「ライフ」です。
これも十数年前のCDです。

前回の「デッドカンダンス」に続いてCDの発掘ブームです(^_^)

「カーディガンズ」は軽快なスウェーデッシュポップスで「カーニバル」という曲が有名です。
聴くだけで街中がカラフルになるような懐かしくて新しくて可愛いらしい、当時はそういう印象でした。

CDの話になってしまいましたが、ゴゴも元気にしてます。
そして何故か、このCDをかけたらゴゴがこたつから出てきたので、ゴゴと一緒にアップしてみました☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 20:26Comments(2)ゴゴ日記