2009年08月30日

慣れてきた!。ゴゴ日記25

久々のゴゴ日記です。(笑)
夏の初めに暑さ対策で、猫用のクーラーボードを購入しました。クーラーボードは簡単な仕組みで、アルミ製の簀の子のようなものです。効能は猫たちが上に座ると、ひんやりと冷たい床の効果が持続するというものです。
肝心のゴゴですが、最初は警戒して中々近付いてもくれませんでした。が、少しずつひんやりと気持ちいいのがわかってきたのか、前脚だけ、上半身だけとクーラーボードに体を乗せるようになってきました。
そして夏も終わりかけの先日、やっと体全体をクーラーボードに。。。
ゴゴ、来年はもっと早くからクーラーボードを有効活用しようねf^_^;☆〜続く〜
  

Posted by ひふみ 慶 at 18:09Comments(6)ゴゴ日記

2009年08月29日

へにゃ(猫絵)。

変顔って感じの表情です。
こういう表情の時の猫たちは、やはりおどけているんでしょうか?
そして顔だけではなく、体全体のポーズも何かを表しているように見えます☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 11:37Comments(6)

2009年08月23日

コープスパーティー

友人が原作を担当している漫画「コープスパーティー」からのお知らせです!
掲載誌のガンガンJOKERの九月号が発売中です。事情あって今回は報告遅れましたm(__)m
直美を救いに向かった結衣先生。が、突如現れた謎の幽霊に襲われる。幽霊は結衣先生に生徒と引き換えに命を助けてやると持ち掛けられる画像…
アンケートハガキに答えると素敵なプレゼントもありますのでそちらも利用してあげて下さい。
写真はガンガンJOKERの表紙です☆

  

Posted by ひふみ 慶 at 22:32Comments(0)

2009年08月22日

怪談(ボクシング部の合宿にて)2。

お盆も過ぎましたが、怪談をひとつ…(-_-)
某ボクシングジムにてアマチュア選手をしていたYさんに聞いた話です。
Yさんは大学時代にボクシング部に所属していました。二回生の頃に部で合宿に行った時の事です…。
合宿先は山奥の過疎で人が居なくなったらしい廃村のような場所でした。
その場所で以前に工事か作業が行われたのか飯場みたいな建物があり、そこが合宿所になりました。
トイレ、風呂、炊事場、食堂、2〜3人ずつ割り当てられた部屋と建物は申し分なく、近くには運動出来る広い場所もあり、合宿所としては恵まれた環境に思えました。
合宿が始まり、Yさんがみんなと練習していると視界の隅を何かが横切りました。子供でした。数人いました。田舎の小学生といった感じです。
Yさんは「少し離れた場所から小学生たちが遊びに来ているんだろう」とあまり気にしませんでした。
その夜、Yさんが部屋で寝ようとしていると外から子供の遊ぶ声が聞こえてきました。「おい、こんな遅くに子供が遊んでるで」と同室の後輩に声を掛けようとしましたが彼はすでに眠っていました。Yさんも気にせず眠る事にしました。
別の日、部員たちは食堂で昼食を済ませて後片付けをしている時でした。食堂の入口で一回生たちが先輩に怒られてます。どうやらみんなの靴をきちんと並べていなかったからのようでした。
Yさんは後輩に「ちゃんと片付けとかんと、また怒られるで」と声を掛けました。すると後輩は、「ちゃんと片付けたはずなんですが…」とどこか納得いかない様子でした。
それを見てYさんは思い当たる事がありました。合宿の近くで遊んだり、夜中にはしゃいでいる子供達の事です。子供達が靴にイタズラをしたのでは…?だとしたら放っておくわけにはいきません。Yさんは先輩に相談する事にしました。
しかし先輩の答えは意外なものでした。この付近には子供どころか民家も一軒も残ってない。この飯場後も俺らの合宿が終わるとすぐ取り壊す予定だという事でした。
Yさんは気味が悪くなりましたが、合宿の間は気にせず過ごす事にしました。
そして合宿も終盤を迎えた頃。その日の練習はとてもハードで、Yさんは練習が終わると同時に倒れてしまいました。
そしてそのまま自分の部屋で休み、夕食の時間に同室の後輩に迎えに来てもらう事になりました。
Yさんが寝ていると部屋の前の廊下を走り回るドタドタという足音と子供のはしゃぐ声が聞こえ、それに起こされました。
Yさんは疲れていたのでイライラしていました。「やっぱり子供はおるやんけ…」
Yさんの部屋は廊下の突き当たりのすぐ手前にあります。なので子供達はYさんの部屋の前まで走ってくるといったん立ち止まりUターンして走り出します。Yさんは子供達が自分の部屋の前に来た瞬間にドアを開けて捕まえてやろうと待ち構えました。
ドドド…『きゃははは!…』足音と声がだんだん近付いてきます。Yさんは「これは一人二人やない…たくさんおる…。どうやって入りこんだんやろ…?」とか考えてました。
そして、子供達がYさんの部屋の前にきた気配が感じられたので、Yさんはドアを開けました。「コラッお前ら!うるさい…」
ドアを開けると誰もいませんでした。Yさんの部屋の前には子供達が瞬時に隠れれるような場所などありません。他の部屋には鍵がかかっています。
少し気味が悪くなったYさんでしたが、寝ぼけていたんだろうと思うことにして部屋でまた休む事にしました。
そしてドアを閉め、部屋に戻ろうと振り返った瞬間…。。。
部屋の中に数人の子供達がいました…!
訳がわからず立ち尽くすYさんに向かって子供達が飛び掛かってきました!
…Yさんはそこで意識を無くしました。



Yさんは夕食の時間を告げにきた後輩に起こされました。後輩は「玄関なんかで寝てたら風邪ひきますよ」と言ってました。
Yさんは一瞬何の事かわからなかったんですが「そういえば子供達が…」と後輩に喋ろうかと思いましたが、不安にさせるのもかわいそうなので黙ってました。
夕食も食べ、皆と喋っているうちに「やっぱりさっきのことは夢だったんかな?」と思えるようになってきました。
ただ、Yさんは少し違和感がありました。身体中がヒリヒリと痛いのです。練習によるものとは違います。
気になったYさんは風呂場で自分の身体を見てみました…すると…。。。
Yさんの身体中には無数の引っ掻き傷があり、首の付け根と肩と腹には子供の大きさぐらいの歯型が付いていました。。。。(糸冬)
  

Posted by ひふみ 慶 at 18:42Comments(4)怪談

2009年08月20日

西日(猫絵)。

西日のあたる窓辺で転がる猫です。。。
冬や春なら日なたぼっこっぽいんですが…。。この暑い時期に何故か描いてしまいました。。。
しかも描いてから気づきました。。。
それはたぶん僕自身が風邪で熱がある時に作業してた作品だから…(-_-)
インフルエンザなども流行ってますし、体調管理はちゃんとしないといけないなあ。…と感じた今日この頃でした☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 22:38Comments(2)

2009年08月17日

風邪。。。

今日は作業予定でしたがダウンです。。。
インフルではなかったです。
おやすみなさいm(__)m
写真はゴゴです☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 21:19Comments(8)

2009年08月13日

赤ちゃん(鉛筆画)。

数年前に描いた鉛筆画です。
タウン誌に載っていた見ず知らずの赤ちゃん様です(笑)
今はもう幼稚園ぐらいでしょうかね?すくすくと育っておられる事を陰ながら祈ってますf^_^;
  

Posted by ひふみ 慶 at 23:34Comments(4)鉛筆画

2009年08月12日

沙沙貴神社。

昨日は無事、お墓参りと掃除を終えることができました。
でも途中に山の中で軽く迷ったり、草刈りが大変やったり、事情で帰る時間が大幅に遅れたりで今日は予想より疲れ、全身筋肉痛でダウンしてました。
昨日のK-1を今日観たんですが、西島選手がアーツ選手に予想外に善戦してたのには驚きました。前傾姿勢で左足に体重が乗ってる状態でカウンターのローキックを貰うと痛いのはもちろん麻痺するみたいになるんですが、よく動いてて驚きでした。
さて、滋賀県の安土町に沙沙貴神社という場所があり、そこに僕の祖先が奉られているそうです。機会があれば行ってみようと思います。
写真は転がるゴゴです☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 20:16Comments(2)

2009年08月11日

怪談(古い借家にて)。

以前に高知に行った時に聞いた怖い話があったのでアップします。
お盆ですし…〓
お世話になってる遠い親戚の方から聞いた話で、親戚の知人のAさんという女性の体験談です。
Aさんは、子供も大きくなってきて住んでる家が手狭になってきたので旦那さんと相談して建て直そうという話になりました。
家を工事している間に住む場所をAさん夫婦が探していると、Aさんの実家が「うちの近所にずっと使ってない家があるから、そこを掃除して住めばいい」と言ってくれました。
親戚の住んでる地域というのは凄い山奥で山が一つありその中に家が数軒、そして隣の山にまた数軒の家といった感じの場所です。そのためにこういった放置された家屋が数軒あります。
その家は古い家でしたが、広さも申し分なく掃除をすれば仮の住居としては十分でした。ただ…
ただ、Aさんはその家に初めて入った時、どことなく落ち着かない感じがしたそうです。
日当たりは良いはずなのに、家の中が薄暗い。窓もたくさんあって開けていても空気が澱むように感じる。季節は春なのに家の中は寒い。
どうせ仮の住居だ、と思いAさんは気のせいだと割り切ることにしました。
Aさんは、気にせず暮らしていましたが、主婦というのは一人で家にいる時間が長いです。そんな時、どこからか視線や気配を感じるようになってきました。不気味に思ったAさんは旦那さんに相談しますが、「気のせいだ」と取り合ってくれません。
ある日、Aさんの子供が一人で留守番をすることがありました。Aさんが家に帰ってくると留守番していた子供は泣きながら怯えてます。
「どうしたの?」と尋ねると、誰もいないはずの二階を誰かが歩き回るような音がずっとしていた、と子供は言いました。
泥棒か?とおもったAさんは二階を見に行きましたが、誰もいません。しかし…
閉めていたはずの襖や箪笥の引き出しが開いてます。気味が悪くなったAさんは、お祓いを頼みたいと旦那さんに相談しますが、取り合ってくれません。Aさんはしかたなく、お札を貰ってきて貼ることにしました。お札が効いたのか暫くは何もなかったのですが…。
ある夜、Aさんが寝ていると金縛りに合いました。寝室にはAさんの他に旦那さんや子供も寝ています。Aさんはふと部屋に貼ってあるお札に目が行きました。すると…
お札はゆっくりゆっくりと剥がれてきています。お札が剥がれて畳に落ちた時…
寝室と廊下を仕切っている障子に廊下を横切る影が映りました。必殺仕事人のような感じです。
その影は着物姿の髪を結ったお婆さんだとわかりました。お婆さんは廊下を何度も往復しているのが障子越しに見えます。助けを呼ぼうにも声が出ず、旦那さんも子供も熟睡しています。Aさんは必死で目を閉じて念仏を唱えつづけました。気が付くと朝でした。
Aさんは昨晩の事を旦那さんに話しましたが、やはり聞いてくれません。Aさんはもうこんな家には住めないという事で子供を連れて実家に行く事にしました。旦那さんは信じてませんでしたし、幽霊が出るからという理由で妻の実家の世話になる気もなかったので家に残りました。
それから数日後、旦那さんがAさんの所に血相を変えてやって来ました。
夜中に着物姿のお婆さんが現れて首を絞められたそうです。
そんな事があり旦那さんも引っ越しに同意してくれました。
移転先も決まり、Aさんが荷物を整理しながら家から運び出していると…
見覚えのない風呂敷包みが出て来ました。「何だろう?」と思って風呂敷を開けてみると…
中から硝子ケースに入った日本人形が出て来ました。
芸者さんらしく舞を踊っているような格好をしています。
この人形が怪異と関係あるかはわかりませんが、その人形を風呂敷に包み直して元あった場所に戻し、家を去りました。(糸冬)
  

Posted by ひふみ 慶 at 07:39Comments(6)怪談

2009年08月11日

今日こそ(笑)。

今日こそ高知入り出来ますように☆
今、新大阪です〓
写真は見送りしてくれてるゴゴです。
  

Posted by ひふみ 慶 at 05:37Comments(6)

2009年08月10日

出直し。

雨のため四国に向かう電車、南風が運行停止に…。
そのため大阪のUターンです。。。
一応明日か明後日に出直す予定…。
高知、晴れてくれないかな…。
ゴゴ、折り畳み傘では無理やったよ(笑)
  

Posted by ひふみ 慶 at 07:38Comments(6)

2009年08月10日

お墓参り。

今から高知県某所の山奥にお墓参り&掃除に行ってきます。
週間天気予報では、今日は晴れだったはずが生憎の雨…。何とか日中は止んで欲しいです。
今朝、出発する前にゴゴが落ち着きなくバタバタしてました。珍しいなと思っていると、急に部屋の隅から動かなくなりました。そこに行ってみると…。
折り畳み傘が。山なので傘は持って行かず合羽だけのつもりでしたが、なんとなく持って行くことにしましたf^_^;
写真は転がりながら見送ってくれたゴゴです☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 05:25Comments(2)

2009年08月08日

木陰(猫絵)。

夏真っ盛りということで、涼しそうなのをイメージして描きました☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 12:35Comments(6)

2009年08月02日

五階やさん。

このイラストは数年前に描いたもので、背景になってる場所は大阪の日本橋の一角です。
今や大阪の誇るオタク系電脳街の日本橋ですが、メインストリートから少しにそれると、懐かしい趣のお店もまだ残ってます。
路地のような狭い道を進むとまるでタイムスリップしたか異国に迷い込んだかと思いそうな場所に出ます。
イラストの女の子のバックの建物の゛五階やさん゛もそういう一角にあります。
こういう軽い非日常的なトリップが個人的には大好きです。

  

Posted by ひふみ 慶 at 15:34Comments(6)イラスト