2010年07月31日

ねじれラメちゃん(猫絵)。

前回、帽子に入った子猫時代の似顔絵を描かせて頂いたラメちゃんの成長したお姿です!
飼い主のハーシーさんのブログで今回の資料になる写真を見つけた僕はお願いしてメールで送って頂きました。

というのもこの、身体のねじれ具合と少し得意げに見える表情!これは想像では絶対に描けません。


勉強になりましたo(^-^)o

  

Posted by ひふみ 慶 at 11:08Comments(4)

2010年07月26日

ウィード君(ペット似顔絵、シーズー)。

江浜様より御依頼頂いた、ウィード君です。
2002年3月23日生まれの元気な男の子です。
ウィード君の性格は、優しそうな女性や子供が好きですが、抱っこされるのがキライだったり自分からは甘えてこないシャイな一面があるようです。
そしてお風呂が苦手だそうです。
家でも外でもあまり吠えない賢いウィード君ですが、どこか気分屋さんなようです。

江浜さんは飼い主としてウィード君のそういう部分を愛らしく感じておられるようです。

そんなウィード君は窓から外を眺めるのがお気に入りだそうです。


この記事で、ウィード君の事を書いてて個人的に思ったことは、シーズーなのに犬というよりどこか性格は猫っぽいコだな、と感じました。
犬より猫と関わることが多い僕からすると親しみやすい感じです☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 10:44Comments(2)犬、他

2010年07月25日

路上。

天王寺駅前の歩道橋で猫絵ポストカードを一枚百円で販売中です。
よかったら覗いてみて下さいね!

見事な入道雲です。
  

Posted by ひふみ 慶 at 15:31Comments(2)

2010年07月23日

ファイティングコンピューター(猫絵)。

「オレの名はウォーズマン!人呼んでファイティングコンピューター!」
今回は僕の大好きな漫画、「キン肉マン」に出てくるもの凄くCOOLな超人、ウォーズマンっぽい猫絵です!
回転しながら飛んできて爪で敵を貫く必殺技、ウォーズマンのスクリュードライバーを使っています☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 10:57Comments(4)

2010年07月18日

路上。

天王寺駅前の歩道橋で猫絵ポストカードを一枚百円で販売中です。
よかったら覗いてみて下さいね!
  

Posted by ひふみ 慶 at 14:40Comments(0)

2010年07月17日

怪談(踏切。追記&再投稿)14。

(注)先日、これと同じ記事をこのブログに投稿しましたが、何故か文章が途中で切れているのに気付き再投稿させていただきます。
ちなみにこの先日この記事を投稿した直後に僕は高熱を出し倒れました。そして現在は回復しましたが、頭痛が続いています。。。
何かを怒らせてしまったのでしょうか?
とりあえず今度は全文記載されるように願います。




数年前、僕は夜中にお酒を飲みにバーに行ってそこで知り合った従業員やお客さんから、怖い話を聴くのを楽しみしてました。

悪趣味な話です(笑)

これもそんな数年前にあるお店の女性従業員Aさんに聴いた話の一つです。

その日は数日前に民放のゴールデンタイムで幽霊がたくさん映ったビデオを流す特番をしていたので、店はその番組の話題で盛り上がってました。
ところが、その話題にまったく参加しない人がいました。
その人は五十代くらいのサラリーマンのおじさんBさんでした。
明らかにBさんは幽霊のビデオの話を不快そうに聴いていました。
それを見たAさんは、しばらくしたらBさんに別の話題をふらないといけないな、と思い始めていたそうです。


しかし…。

Bさんは、いきなりAさんと他のお客さんする幽霊のビデオの話に割り込んできました。酒を思ったより飲んでいたせいか、Aさんたちに半ば絡むようにしてきました。

そして、幽霊のビデオの話を全否定し始めました。「映画やドラマに幽霊が映ってるのは全部宣伝のため」「今はパソコンで何でもできる!」
Aさんは思い出しました。Bさんは、昔いわゆる霊感商法と家族がトラブルを起こした経験があったのです。それ以来、Bさんはオカルト系の話を毛嫌いしていました。


しかし他のお客さんはBさんのそんな事情を知りません。
その場の空気は当然のように悪くなりました。Aさんと幽霊の話をしていたお客さんには若い男性もいて明らかにに険悪な空気をBさんに出していました。

まずい、と思ったAさんはBさんを離れた席に連れていこうとしました。


ところがそこで…


Bさんはいきなり話し始めました。

「この世に幽霊やお化けなんか絶対いない!…ただ…」


「一つだけワシにもわからん経験がある…」と。



それはこんな話でした。


その当時から三十数年前…Bさんが大学生の頃の話です。

Bさんは、その日大学の友人たちと友人の一人の下宿でお酒を飲んでいました。
そして夜もふけてきて、Bさんたちは友人の下宿でそのまま雑魚寝することにしました。
しかし、どうみても部屋は人数オーバーです。
近くに住んでたBさんは乗ってきた自転車で一人で家に帰ることにしました。

友人の下宿からAさんの家は、自転車で十分ほど、途中で踏切を渡ります。


そしてBさんが踏切に差し掛かった時…

カンカンカンカンカンカン…

遮断機が降りはじめました。

Bさんはその時は「捕まった!ついてないな…」くらいに考えたそうでした。

やがてBさんの前を電気の消えた回送列車が通過しはじめました。


そして、Bさんは、線路の向こう側でも踏切に捕まっている人がいるのに気付きました。

二十代くらいの水商売風の女性でした。
通過する電車の隙間から確認できました。
女性は、履いているヒールの踵が折れているらしく、変な立ち方をしていました。

Bさんは何となく「こんな時間まで大変だな…」と女性を見て思いました。


しかし、Bさんはそこである違和感に気付きました。

こんな時間…


Bさんがふと腕時計を見ると、夜中の午前三時前でした。



夜中の三時!?…こんな時間に回送列車が通るのか?


電車はそのまま通り過ぎ、踏切の遮断機も上がりました。


しかし…踏切の向こう側に女性の姿はありませんでした。

少し気味が悪くなったBさんは、足早にその場を去ろうと自転車のペダルを漕ごうとしました…


その時、Bさんの後ろから…


カタポコカタポコポコカタタ…カタタポコカタポコ…カタポコカタポコカタポコカタポコカタポコポココ…











Bさんの後ろから踵の折れたハイヒールで走り寄ってくるような音が聞こえました。


その次の瞬間、自転車の後ろの荷台が誰かに掴まれた感覚がありました。

Bさんは恐ろしくて後ろをまともに振り向けませんでした。
しかし、Bさんは視界の隅で後ろが何となく確認できました。


それはさっき踏切の向こう側にいた女性でした。
女性の顔はBさんの左肩のすぐ後ろくらいにあるこ  続きを読む

Posted by ひふみ 慶 at 12:23Comments(0)怪談

2010年07月16日

世紀末救世猫(!)伝説(猫絵)。

乱れた世の中に舞い降りてきました。
  

Posted by ひふみ 慶 at 15:21Comments(2)

2010年07月15日

怪談(踏切。)14。

数年前、僕は夜中にお酒を飲みにバーに行ってそこで知り合った従業員やお客さんから、怖い話を聴くのを楽しみしてました。

悪趣味な話です(笑)

これもそんな数年前にあるお店の女性従業員Aさんに聴いた話の一つです。

その日は数日前に民放のゴールデンタイムで幽霊がたくさん映ったビデオを流す特番をしていたので、店はその番組の話題で盛り上がってました。
ところが、その話題にまったく参加しない人がいました。
その人は五十代くらいのサラリーマンのおじさんBさんでした。
明らかにBさんは幽霊のビデオの話を不快そうに聴いていました。
それを見たAさんは、しばらくしたらBさんに別の話題をふらないといけないな、と思い始めていたそうです。


しかし…。

Bさんは、いきなりAさんと他のお客さんする幽霊のビデオの話に割り込んできました。酒を思ったより飲んでいたせいか、Aさんたちに半ば絡むようにしてきました。

そして、幽霊のビデオの話を全否定し始めました。「映画やドラマに幽霊が映ってるのは全部宣伝のため」「今はパソコンで何でもできる!」
Aさんは思い出しました。Bさんは、昔いわゆる霊感商法と家族がトラブルを起こした経験があったのです。それ以来、Bさんはオカルト系の話を毛嫌いしていました。


しかし他のお客さんはBさんのそんな事情を知りません。
その場の空気は当然のように悪くなりました。Aさんと幽霊の話をしていたお客さんには若い男性もいて明らかにに険悪な空気をBさんに出していました。

まずい、と思ったAさんはBさんを離れた席に連れていこうとしました。


そこで…


Bさんはいきなり話し始めました。

「この世に幽霊やお化けなんか絶対いない!…ただ…」


「一つだけワシにもわからん経験がある…」と。



それはこんな話でした。


その当時から三十数年前…Bさんが大学生の頃の話です。

Bさんは、その日大学の友人たちと友人の一人の下宿でお酒を飲んでいました。
そして夜もふけてきて、Bさんたちは友人の下宿でそのまま雑魚寝することにしました。
しかし、どうみても部屋は人数オーバーです。
近くに住んでたBさんは乗ってきた自転車で一人で家に帰ることにしました。

友人の下宿からAさんの家は、自転車で十分ほど、途中で踏切を渡ります。


そしてBさんが踏切に差し掛かった時…

カンカンカンカンカンカン…

遮断機が降りはじめました。

Bさんはその時は「捕まった!ついてないな…」くらいに考えたそうでした。

やがてBさんの前を電気の消えた回送列車が通過しはじめました。


そして、Bさんは、線路の向こう側でも踏切に捕まっている人がいるのに気付きました。

二十代くらいの水商売風の女性でした。
通過する電車の隙間から確認できました。
女性は、履いているヒールの踵が折れているらしく、変な立ち方をしていました。

Bさんは何となく「こんな時間まで大変だな…」と女性を見て思いました。


しかし、Bさんはそこである違和感に気付きました。

こんな時間…


Bさんがふと腕時計を見ると、夜中の午前三時前でした。



夜中の三時!?…こんな時間に回送列車が通るのか?


電車はそのまま通り過ぎ、踏切の遮断機も上がりました。


しかし…踏切の向こう側に女性の姿はありませんでした。

少し気味が悪くなったBさんは、足早にその場を去ろうと自転車のペダルを漕ごうとしました…


その時、Bさんの後ろから…


カタポコカタポコポコカタタ…カタタポコカタポコ…カタポコカタポコカタポコカタポコカタポコポココ…











Bさんの後ろから踵の折れたハイヒールで走り寄ってくるような音が聞こえました。


その次の瞬間、自転車の後ろの荷台が誰かに掴まれた感覚がありました。

Bさんは恐ろしくて後ろをまともに振り向けませんでした。
しかし、Bさんは視界の隅で後ろが何となく確認できました。


それはさっき踏切の向こう側にいた女性でした。
女性の顔はBさんの左肩のすぐ後ろくらいにあることがわかりました。
女性の荒い息遣いが感じられました。

パニックになったBさんは、その場から逃げようと必死に自転車を漕いだり、地面を足で蹴ったりして暴れました。


そうしているうちに女性の手が荷台から外れて、女性は地面に突っ伏したのがわかりました。
そのまま逃げようとしたBさんでしたが、女性に右足首を掴まれてしまいました。そして女性はそのままBさんのGパンの裾まで手を滑らせてきます。

Bさんは、必死で女性の手なのか顔なのかを蹴りまくってそのまま何とか家に帰ったそうです。



話はここでバーに戻ります。

Bさんの口から出た意外な話しにAさんや他の客は聴き入っていました。

しかし  

Posted by ひふみ 慶 at 11:47Comments(0)怪談

2010年07月12日

みいこちゃん(ペット似顔絵、猫)。

先日、天王寺駅前にて路上をしていた時、くーちゃんさんより似顔絵依頼を頂いた「みいこちゃん」です。
みいこちゃんは、大人しくて控えめな性格のとても賢いコだったそうです。

実はそのみいこちゃんですが、今年の一月に病気の為に若くして亡くなりました。

みいこちゃんは生前、くーちゃんさんが仕事から帰ってくると「お帰りなさい」というように迎えにきてくれたそうです。
そして普段は物静かであまり鳴かないみいこちゃんでしたが、出迎えの時は「アウー」という感じの独特の鳴き声で鳴きながら喜んで寄ってきてくれました。

そして出迎え以外の時も、くーちゃんさんが、みいこちゃんを呼ぶと「アウー」と鳴きながらトトトッと走り寄って来てくれるとても人懐っこいコだったようです。

そんなみいこちゃんの好きなものはオヤツのかつおぶしでした。
くーちゃんさんが、「かつおぶしシャワー」と言ってフードにかつおぶしをふりかけてあげると、みいこちゃんはとても喜んでいたそうです。



人間にも動物にも別れは必ずやってきます。
そして人間と動物は寿命の長さが違うので別れは必然とやってきます。

でも、たとえ時間は短かったとしても人間と触れ合った優しく暖かい時間というのは動物たちにとって財産と言えると思います☆
  

Posted by ひふみ 慶 at 10:43Comments(4)

2010年07月11日

路上。

日本橋、ナニワネジ横で路上やってます。猫絵ポストカードを一枚百円にて販売中です。よかったら覗いてみて下さい!
  

Posted by ひふみ 慶 at 17:24Comments(0)

2010年07月09日

仲良し猫とダックスフント(猫絵)。

仲良しな猫とダックスフントですf^_^;
  

Posted by ひふみ 慶 at 14:24Comments(0)

2010年07月04日

路上。

天王寺駅前の歩道橋で猫絵ポストカードを一枚百円で販売中です。
よかったら覗いてみて下さいね!
  

Posted by ひふみ 慶 at 15:49Comments(4)

2010年07月03日

紙。ゴゴ日記44

紙を頭の下に敷いて寝るゴゴです。
紙は偶然部屋の中に落ちていたもので、他にも床に落ちている新聞紙やチラシみたいな紙の上に上手に収まるように座ったりします。
先代のクロとモモもよく同じことをやってました。猫たちの習性なのか…?
そういえば。。。
子供のころの僕や友達たちもこんな遊びをしてました。
道に敷いてあるタイルの同じ色や横断歩道のシマシマを飛び移りながら歩く遊びをしてました。
何かその遊びを思い出しましたf^_^;
  

Posted by ひふみ 慶 at 11:52Comments(2)ゴゴ日記

2010年07月02日

鼻をつんつん(猫絵)。

寝ていた猫の鼻を指でつんつんとイタズラしたら手を捕まえられてしまいましたf^_^;

  

Posted by ひふみ 慶 at 11:15Comments(2)